消費者金融と銀行

2010年11月13日

ハヤテのごとく! 01巻〜23巻

ハヤテのごとく! 01巻〜23巻 です。

 

icon icon

画像クリックで詳細

主人公である少年・綾崎ハヤテは平凡な公立高校に通う普通の高校1年生であったが、両親が博打や酒が大好きなダメ人間で生活費と学費を稼ぐためアルバイト漬けの毎日を送っていた。しかし作中時間の2004年、ハヤテ・高1の年のクリスマスイブ、両親が置き手紙を残して失踪。手紙には、博打で作った1億5680万4000円の借金があること、そしてその弁済のためハヤテを借金取りである鬼武者ノ小路系ヤクザに売り飛ばしたことが書かれており、ハヤテは愕然とする。

ハヤテは彼を「引き取り」に来たヤクザから命辛々逃げ出すものの、所持金12円で冬の街で路頭に迷うことに。そして行き着いた先の公園で、自動販売機の前にひとりでいた少女を偶然見つけ、ハヤテは1億5000万円の身代金を要求する営利誘拐を目論む。しかし、ハヤテが少女に対して誘拐犯の科白として言った言葉が非常に微妙な言い回しであったため、少女はこれを愛の告白と勘違い。さらにハヤテがその場を離れた隙に別の誘拐犯たちが現れて攫ってしまったところを、ハヤテが少女を劇的に救い出してしまったため、少女はハヤテに惚れてしまう。その少女は、とんでもない大富豪である三千院家の令嬢、三千院ナギであった。

路頭に迷っていたハヤテを、ナギは執事として雇うことを決め、ヤクザに1億5000万の借金を現金一括で立て替え払いしてしまう。こうして、ナギを守るため、そしてナギに借金を返すため、借金執事・綾崎ハヤテの日々は始まった。

ストーリー上の重要要素のひとつがハヤテとナギの誤解の上に成り立つ恋愛関係である。前述の経緯によりナギはハヤテと自分が相思相愛だと思っているが、ハヤテはある意味健全なため幼いナギに対して明確な恋愛感情はなく、あくまで命を助けられた恩と執事としての使命感から彼女を護っている。そこに唯一その事実を知るナギのメイド・マリア、ハヤテに片想いしている普通の少女・西沢歩と生徒会長・桂ヒナギク、かつてハヤテと永遠を誓った謎の少女・天王州アテネ、その他多くのキャラクターが絡んで恋と戦いを繰り広げ、更に三千院家に伝わる9つの王玉をめぐっての壮絶な遺産争いにも巻き込まれていくことになる。

wikiより引用

ハヤテのごとく! 01巻〜23巻:ダウンロード

 

広告クリックお願いします。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加  

      goo RSSリーダーに追加                Powered by SEO対策 RSSプラス

posted by 5639 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。