消費者金融と銀行

2010年10月31日

ジャッカルの日/オデッサ・ファイル

ジャッカルの日/オデッサ・ファイル です。

 

icon icon

画像クリックで詳細

1954年に始まったアルジェリア戦争は泥沼状態に陥った。「フランスのアルジェリア」を信じて戦う現地駐留軍やフランス人入植者の末裔(コロン、またはピエ・ノワール)らは、フランスの栄光を願う右派世論を味方に付けてアルジェリア民族解放戦線(FLN)やアルジェリア人の村落を殲滅するが、当時のフランス本国は第二次世界大戦の傷も癒えぬままインドシナ戦争にも敗退した惨状にあり、また相次ぐFLNの爆弾テロや残虐になる一方の戦争で厭戦世論も広がり世論は分裂した。1958年、政府の弱腰に業を煮やした現地駐留軍の決起によってフランス第四共和政は崩壊し、フランスの栄光を体現するシャルル・ド・ゴールが大統領に就任したことにより第五共和政が開始された。アルジェリアの軍人やコロンたちは、ドゴールが「フランス固有の国土」のための戦争に一層力を入れてくれると期待したが、ドゴールは戦費拡大による破綻寸前の財政などを鑑み9月にアルジェリアの民族自決の支持を発表した。1961年の国民投票の過半数もそれを支持し、1962年に戦争は終結してしまった。

現地軍人やコロンらは大混乱のうちにフランスに引き揚げた。彼らは戦争中にOAS(「秘密軍事組織」)を結成してアルジェリアでテロ活動を続けており、フランスでも政府転覆を狙って対ドゴールのテロ活動を行ったが、ジャン=マリー・バスチャン=チリーなど現役のエリート軍人らによるドゴール暗殺計画はことごとく失敗し、組織の優秀な軍人達は逮捕され銃殺刑に処された。彼らは自分たちを愛国者であると信じ、処刑の場で兵士が自分に銃を向けることはないと自信たっぷりの態度を示したが、実際には兵士たちは迷わず処刑してしまい、その思惑は外れてしまった。組織にはフランス官憲のスパイが浸透した上、コルシカ・マフィア(ユニオン・コルス)まで投入した捜査の結果、秘密だった筈のメンバーや活動もほとんど判明してしまい、表の政治組織もフランス官憲の実行部隊により容赦なく壊滅させられるに至って、支援者だった企業オーナーらも離れていった。

ここまでは史実であり、舞台背景を説明する冒頭部分に当たる。

wikiより引用

ジャッカルの日/オデッサ・ファイル:ダウンロード

 

広告クリックお願いします。

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加  

      goo RSSリーダーに追加                Powered by SEO対策 RSSプラス

posted by 5639 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。